技術紹介
超高圧高速成形

超高圧高速成形とは

超高圧高速成形とは、射出速度で500mm/sec以上、圧力は300Mpa以上での成形条件で成形する技術のことです。この技術には、高速高圧に耐えられる金型の精度や強度、ガス逃げ等の金型製作技術が必要になります。応用事例として超薄肉の成形品に用いられ、ポリカーボネート樹脂(PC)やアクリル樹脂、メタクリル樹脂などの透明樹脂での成形実績があります。

超高圧高速成形とは

実績がある材料例

  • ポリカーボネート樹脂(透明)
  • アクリル樹脂(透明)
  • メタクリル樹脂(透明)

超高圧高速成形を活用した製品例

超高圧高速成形を活用した製品例
  • デジタルカメラのバッテリーケース
  • ゲーム機の導光板
  • スマートフォンの液晶部品
  • 映像機器関連の液晶部品
お電話でのご依頼・ご相談
メールでのご依頼・ご相談